児童館でゲーム会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡市の中島児童館でゲーム会をやりました。4組の親子と小学生たち20名くらいで2時間近く遊びました。

160211_nakajima_13.jpg 160211_nakajima_01.jpg 160211_nakajima_02.jpg

会場はこんな感じ。普段置いてある卓球台を片付けて、マットを広げ、座卓を4卓並べました。

最初に、おもちゃ屋の仕事について講義をした後、テーブルゲームの概要を説明して、早速遊び始めました。

160211_nakajima_03.jpg

ハリガリ・リング

カードの通りに、カラフルなゴムバンドを指にはめるスピード系ゲーム。ルールが簡単ですぐ遊び始められます。

160211_nakajima_04.jpg

アミーゴ・バンデット

幼児から遊べる協力ゲームですが、小学生でも盛り上がります。めくったタイルがドラゴンか通路かで運命が分かれます。先に宝箱にたどり着いた方が勝ち。

160211_nakajima_05.jpg

ロッティ・カロッティ

必ず盛り上がるすごろくです。この単純さ、ウサギが落とし穴に落ちる瞬間のショック、子ども達は大好きです。

160211_nakajima_06.jpg

キャプテン・リノ

中学年くらいからよく遊びます。ウノができる子なら大丈夫。みんなで一緒にハラハラドキドキする感じ、一体感が生まれます。

160211_nakajima_09.jpg

穴掘りモグラ

児童館にあるけど、正式なルールが理解されていなかったようなので、改めて説明して遊びました。小学生に遊んで欲しいゲームの筆頭です。ステージが変わる瞬間のドラマチックな演出。「先を読む」力が必要とされるゲームです。

160211_nakajima_10.jpg

ヒューゴ

8人まで遊べるパーティーゲーム。オバケのヒューゴに捕まらないよう逃げ回るスリリングなゲーム。

160211_nakajima_12.jpg

ノイ

途中参加の小6男子たちがハマってくれました^^。数字を足しながら出していって、101を越えたらアウト。101になってからの展開がスリル満点。運が基本ですが、スピード感があり、攻撃的な部分もあって、まさにこの年代くらいからの男子に遊んで欲しいカードゲームです。

このほか、「ガイスタートレッペ」や「こやぎのかくれんぼ」「からすのメモリー」もやりました!

用意したゲームと使ったゲーム

低学年向け:虹色のへび、スティッキー、ロッティカロッティガイスタートレッペ(児童館備品)、こぶたのかけっこ、ハリガリリング、キャッチミー、からすのメモリーこやぎのかくれんぼアミーゴ・バンデット、花あわせ、ヒューゴ

中・高学年向け:ノイラビリンス(児童館備品)、ロッティカロッティキャプテンリノ、ハリガリ、ハリガリリング、キャッチミー、穴ほりモグラ(児童館備品)、こやぎのかくれんぼアミーゴ・バンデットヒューゴ

高学年〜大人向け:カルカソンヌ、カタン、ラミーキューブ、はげたかのえじき、ペンギンパーティー

実際に使ったゲームは太字にしました。

所感

当初は親子向けイベントとして参加を募り、4組の予約があったそうです。一方で、常連の子ども達から「子どもだけだと参加できないの?」という声があったり、親子で参加する子の友達も参加したいという声もあり、子どもだけでも参加できることにしたようです。

低学年親子3組で一つ、中学年親子とその友達で一つ、3年生女子で一つと、3つのテーブルで遊んでもらいました。途中から、部屋の外でトランプをしていた6年生男子6人も加わって、もう1テーブル増えました。

中学年の男の子は、1つめのゲームから「カタン」をやりたいと言い出したのですが、「それをやると、今日はそれだけしかできないし、最後までできないかも」と言って、あきらめてもらいました。ルールがあいまいな「穴ほりモグラ」なんかをやってもらいました。

親子参加の方々は、それぞれゲームの楽しさを感じてもらえたようでした。

小6男子のグループは、ヒューゴはもちろんですが、「ノイ」がたいそう気に入ったようで、うれしい出来事でした。

終了後、職員の方と話をしたところ、6年生や中学生の間では、「人狼」や「大富豪」が人気とのこと。バスケットコートがあるため、中学生・高校生になってもやってくる子がいるそうです。

高学年〜中高生向けのゲーム会もやってみたいですね。あるいは、「カタン」だけの会とか。

簡単なアンケートを用意するといいかもしれません。