児童館でゲーム会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

テーブルゲームをかなり活用されている児童館に行ってきました。すでにお持ちのゲームとは違うゲームを選んでみました。

館内に入ってびっくりしたのは、子ども達の多いこと!小学生はもちろん、中学生、高校生までいるんです。また、乳幼児を連れたお母さんなど、訪れる人の幅が広いことに驚きました。

図書室にも子ども達がたくさんいて、テーブルゲームで遊んでいる子も。

今日は、予約とかはないので、その場にいる子に遊んでもらうということでした。

会場として、この図書室、会議室、2つの部屋の間の通路、の3つの案がありましたが、図書室はすでにいる子の邪魔になるし、会議室は人の流れから外れているので気付かれにくいということで、通路でやることにしました。

会場の様子

会場の様子:ガラスのドアの向こうが小さな運動場、こちら側が館内で、たくさんの子ども達がこの通路を出入りしています。左側奥がトイレ。

2つのテーブルにゲームを並べておいて、そこから好きなゲームを選んで遊ぶ形式です。

ハリガリ・リング

ハリガリ・リング

ロッティ・カロッティ

ロッティ・カロッティ

キャプテン・リノ

キャプテン・リノ

虹色のへび

虹色のへび

ラビリンス

ラビリンス

ガイスター

ガイスター

ロッティ・カロッティ

ロッティ・カロッティ

このほかに、「ヒューゴ」や「アミーゴ・バンデット」「ダンシングエッグ」なども遊ばれていました。囲碁をやっている子もいたりして、全体的にゲームで遊ぶことに慣れている感じがしました。

同じ年同士だけでなく、上と下の子の仲も良くて、誘ったり誘われたりしながら、常に3卓ほど稼働している状態でした。ちょうど、通路でもあり、トイレの前だったことも幸いしたのかもしれません。職員さんも子ども達と一緒にゲームをしたり、見学してくれたりと、積極的に関わってくれたのも嬉しかったですね。

終わった後、事務室で飲み物をいただいたのですが、職員さんとの話の中で「カルカソンヌがわからなくて、子どもに教えられない」とのことだったので、その場で2人の職員さんにインストして、途中まで実際にプレイしてみました。これできっと子ども達も「カルカソンヌ」で遊べるようになるのでは?と期待してしまいます。次は「カタン」ができるかも?

YA世代について

この日、最初に一緒に遊んでくれたのは、なんと女子高生!職員さんが声をかけてくれて、参加してくれることになりました。なんか、職員さんとも仲がいいんですよね〜。

ほかにも友達の男の子とかもいて(ゲームには参加しなかったけど)、中学生や高校生の居場所として機能している児童館だと感じました。彼らがテーブルゲームで遊べるような環境づくりのお手伝いをしたいな〜と感じました。