児童クラブでゲーム会をやりました2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡市内の児童クラブ(先日とは別のところです)で、ゲーム会をやりました♪

私の職場である百町森でゲームを買っていただいているところで、先日は、10人くらいでお店に来てくれて、中高学年の子たちに「カタンの開拓者たち」を説明しました。飲み込みが早くて、びっくりしたのをよく覚えています。

先日、下見と打ち合わせにうかがった時は、3年生の子たちが「カタン」で遊んでいました。先日の説明のあと、高学年の女の子たちがかなり遊びこんだ後、下の学年の子に教えてあげたそうで、今や小3の男の子たちが、集中して「カタン」で遊んでいる姿に軽く衝撃を受けました。他のテーブルでは、工作をしている子たちもいて、みんな集中しています。

クラブには、「ヒューゴ」や「キュージェット」、「にわとりのしっぽ」、「ハリガリ」などがあって、結構遊んでいることがわかったので、小学生向けのゲームを用意することにしました。

当日遊んだゲーム

スティッキー

定番の棒倒しゲーム。ルールの説明は3分ですみます^^

ダンシングエッグ

卵をいろんな場所にはさんで、落としたら負けのアクションゲーム。

カラスのメモリー

かるたに記憶要素をプラスしたゲーム。これもルールは簡単。1枚ずつ表にしていって、同じ絵柄が出たら、その2枚をかるたの要領で取りに行きます。

キャプテン・リノ

これも定番ですね。

ガイスター

2人用の戦略ゲーム。低学年の子がずっとやっていました。

カルカソンヌ

すでに「カタン」を遊んでいる高学年の女の子たちのために用意したのがこれ。カタンと並び称されるドイツ・ボードゲームの最高峰です。やはり飲み込みが早く、この日、このあと3回くらいプレイしたそうです^^

どうぶつしょうぎ

駒の数も、盤のマスの数も、究極まで減らした将棋です。

ペンギンパーティー

穴掘りモグラ

小学生に遊んでほしいゲームです。少し難しめですが、ここの子どもたちは遊べました。

ささっと

記憶+足し算+スピードの複合ゲーム。同じモチーフのカードを2枚めくったら、そこに描いてある数を足して、その数の黄色いディスクを取ります。

やってみて...

すでにカードゲームやボードゲームで遊んでいる子たちだったので、小学生向けのゲームを用意してお邪魔しました。

ここの子どもたちの集中力は素晴らしく、ひとつのゲームの説明を、すぐプレイする子+次にプレイする子が聞いていてくれました。1回遊び終わったら交代して次の子たちが遊ぶのです。その間に、私は別のテーブルで、別のゲームの説明をして...と順々にゲームの卓が増えていき、結局全員がなんらかのゲームで遊んでいる状態になりました。

これは結構すごいことだと思います。知っているゲームのルールを教え合うことができるのですから。

また、職員さんの話では、普段はこういったゲームで全く遊ばない子が、今日は一つのゲーム(ダンシングエッグ)をず〜っと遊んでいて、ルールも説明してあげていたそうです。職員さんも、その子の「知らなかった一面を発見した」と嬉しそうだったのが印象的でした。

もちろん、高学年女子たちの「カルカソンヌ」への適応の早さも特筆ものです。ここまで、テーブルゲームスキルの高い子たちがいる児童クラブは、ないんじゃないか?と思います。

また、遊びに来たいなぁ〜。