「強くなりたい人のためのカタン講座」開催しました!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2015年05月04日、2004年カタン世界大会3位の高橋勝巳さんをお招きして、「強くなりたい人のためのカタン講座」を開催しました(会場:ふれあい囲碁広場)。小学生連れのご家族、中学生・高校生、ゲーム好きの社会人の方など、たくさんの方にご参加いただき、定員20名が満席になりました!

なんとこの日のために、レジュメだけでなく、マグネットシートで作った説明用特製カタンを作ってきて下さいました(貼り付けてあるボードは、ふれあい囲碁広場のものなので碁板になっています)。高橋さんは、説明上手な方ですが、このレジュメと特大カタンのおかげで、大変わかりやすい講座になりました。

この日のプログラム

  • 13:45-14:00 あいさつ(静岡Spiel-Bande 佐々木)&参加者自己紹介
  • 14:00-14:50 1時間目「初期配置編」
  • 15:00-15:50 2時間目「テクニック編」
  • 16:00-18:15 3時間目「実戦編」

とまあ、お昼過ぎから夕方までの4時間余り、ひたすら「カタン」を学ぶという大変濃い内容の講座になりました。

内容メモ

1時間目「初期配置編」

「カタンは、初期配置5割、実力3割、運2割」ということで、カプコン版の数字タイルに書かれた出やすさを示す ...を使って、出る確率の高い場所の解説。今のジーピー版の数字タイルには...がないので、出やすさが一目でわかるレジュメが永久保存版となりました。実は、ここで発覚したのですが、砂漠って真ん中でなくてもいいんですね!知らなかった〜。そして、資源のセット、資源の出やすさの考慮、道の引き方、「広さ」の概念などについて学びました。そして、初期配置で他のプレーヤーの恨みを買わないように、という素晴らしいアドバイスも。

2時間目「テクニック編」

一番勝ちそうなプレーヤーを常にチェックして、交渉や盗賊に生かす。交渉のコツ(例:トップとは交渉しない、無駄だと思っても交渉してみる)。発展カードの使い方などなど。

3時間目「実戦編」

4つのチームに分かれて、前のボードを使って、実際にプレイしました。誰がサイコロを振るかで揉めたり、交渉に乗るかどうかで、チーム内の意見が異なったりと、なかなか面白かったです。ときどき、今プレイした手に対して高橋さんが解説を入れたり、作戦が決まらないチームの手札を見てアドバイスしたりと、それまで習った知識を実際にどう使うか、が体感できる貴重な体験でした。初期配置から各チームが長考に入ったりして(笑)、予定の17:30では終わらなかったので30分延長、実際にはさらに15分ほどかかり、2時間を超える熱戦となりましたが、大変勉強になりました。

参加された方々

小学生連れのご家族3組(8名)、中学生2名、高校生1名、社会人9名の合計20名でした。ご参加いただきまして、ありがとうございました。

ありがとうございました

快く場所をご提供いただいた「ふれあい囲碁広場」の日吉さん、ありがとうございました。団体で参加してくださったドミニオン部のみなさん、ありがとうございました。展示用の3Dカタンを貸してくださった百町森様、参加者向けの景品をご提供いただいた株式会社ジーピー様(日本語版「カタンの開拓者たち」製造元)、ありがとうございました。そして、翌日のゲームマーケット向けオリジナルゲーム「じょだんじょ」の製作で徹夜したにもかかわらず、素晴らしい講義をしてくださった高橋さん、本当にありがとうございました。